コブダイ釣って、アリゲーターガー料理して、店長にアレ食わせて ~珍生物大新年会 報告~

1月27日、駿河湾での仕事にいったん区切りをつけて(まだ終わってない…)久しぶりに寒空の関西へと降り立ちました。
今回の目的は二つ。もはやおなじみになりつつあるロフトプラスワンウエストでのイベント『珍生物大宴会』への登壇。そして、せっかく冬の関西へ行くのならと運営しているオンラインサロンのメンバーを連れてコブダイ釣りにGO。

初めて訪れるポイントでしたが、無事に一匹確保!のんびりしつつもエキサイティングなひとときでした。
参加者のみなさんありがとうございました。

午後からは宗右衛門町のロフトへ。今回もまた盛況で、130名収容の会場がほぼ満席…。
ありがたいことです。ありがたいことです…。

毎回、僕が持ち込んだ生物を調理してふるまうのが恒例となっているこのイベント。
もちろん当日釣ったコブダイもメニューに名を連ねます。
※写真撮り忘れたけどから揚げにして提供。やはり真冬のコブダイは好評でした。

他にはアメリカから持ち帰ったアリゲーターガーもスープに。
130名分をまかなえる食材と調理法がこれしかなかったんだなぁ…。

美味いかマズいかは↓この写真を見てもらえれば大体わかるはず。

アクがすごい…。アリゲーターガーは個体によってはかなり泥臭さがあります。この個体はまさにそれで、白ワインでじゃぶじゃぶ洗った上に大量のローリエ、ニンニク、コショウを使っても臭みが消えない。肉質もパサパサ。
しかし、美味いものを食べたいなら通常メニューを食べればいいだけのこと。
「なぜこんな味がするのか!?」という点に思いを巡らせてほしいからあえて提供しています。

▲アリゲーターガーのスープ。「ドブのにおいがする」と仰ったお客さんもいたけど、正真正銘の大自然の中で捕まえてきた個体です。…でもなぜか鶴見川産より臭いんだなぁ……。

▲もちろん壇上でもアリゲーターガーの話はたくさんしましたよ。誤解されがちな魚ですがとても素晴らしい生物です。

そして、実はこの日は駿河湾でキャッチしてきたバラムツの切り身も持っていました。
しかし、チケット代を払ってくれているお客さんにイベント中にコレをふるまうわけにはいかない……。
そこでいつもお世話になっている店長さんに感謝の気持ちを込めて刺身の試食権をプレゼント。店長は金とってる側だから問題ないよな!?
箸をつけるまでは恐る恐るでしたが、とても美味しかったそうで大変よろこんでいただけました。

▲僕も夕飯として楽屋でたっぷり食べました。翌日は尻から油垂れ流しながらの仕事でしたが、もはやこの程度で心が揺れることはありません

ひさびさのトークだったのでトチりまくりでしたが、なんだかんだ大盛り上がりでした!
普段はあまり人と話す機会がないので、僕にとってもとても楽しい一日になりました。

久々の沖縄そばでないラーメンは美味かった…!たまにはいいなぁ。

閉演後は参加者の皆さんと臨時の打ち上げを楽しみ、さらにその後は『す・またん!』ディレクターのIさんたちとラーメンで〆。さらにそこからはやはり『す・またん!』ディレクターのYさん宅へ転がり込んで就寝。……ホント『す・またん!』にはお世話になりっぱなしやな。また恩返しに関西へ行かねば。

ともあれ、次は阿佐ヶ谷ロフトでの大宴会が控えていますので、とりあえずはそちらへ全力投球しなければ。
どんな食材を持っていこうかね?
回を重ねるごとにハードルが上がっていってる気がするが……。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です