フチゾリネッタイコシビロダンゴムシ、産仔

昨年、八重山で採集してきた数匹のフチゾリネッタイコシビロダンゴムシ。
しばらく飼育してきましたが、よく食べよく動く割になかなか子を産まない。

何かが間違っているのかあるいは全部オスだったか…と心配していましたが、今月になって何かが弾けたようにワラワラと産仔。
ケース内をちょこまかと多数のベビーダンゴたちが徘徊しています。

季節的なものだったのか、単純に受精卵の成熟・発生に時間がかかるというだけだったのか。
とりあえず一安心です。

オカダンゴムシに比べて産仔数が少ないと聞いていましたが、なんだかんだでダンゴムシ。これだけ産んでくれれば個人的に飼育していくには十分です。
というかオカダンゴムシやクマワラジムシあたりの増えかたが異様なだけですかね。

このダンゴムシについては繁殖のキーと成長速度を確認するのが野外観察に留めずにわざわざ飼育する理由。
記録をつけつつ大きく育てていきたいと思います。
共食いが怖いなー。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です